2013年02月18日

無駄吠えをなくすにはどうする?




無駄吠えをなくすしつけのコツは、以下の3つがあります。

・無駄吠えする理由を探る
・犬の種別、性格を見極める
・無駄吠え(ストレスが原因となっている時には、おもちゃなどで気晴らしさせてあげるのがいいといわれています)を止めたら褒める

これらの3つです。

まず、無駄吠えをする理由を探るということですが、私たち人間に取っては無駄吠えと思う事ができることも、犬にとってはちゃんとした理由があるからです。

犬がどれくらいのときに吠えているのか、その理由を検証する必要があります。

伝えたいことがあるのか、警戒しているのか、怖がっているのか、喜んでいるのか、ときには病気で吠えていることもあるでしょう。

愛犬がなぜ吠えているのかを見極めて、しっかりしつけ(子供や動物に対して行うもので、主に善悪の区別をつけさせることを目的としていることが多いでしょう)することが、飼い主にとってはもちろん、犬にとっても良いことなのです。

続いて、犬の種別や性格(エニアグラムの分類では、批評家、援助者、遂行者、芸術家、観察者、忠実家、情熱家、挑戦者、調停者に分かれ、岡田斗司夫の分類では、王様タイプ、軍人タイプ、学者タイプ、職人タイプに分かれます) を見極めるということですが、犬種によって性格や特徴が異なるため、しつけ方も変わってくるからです。

例えば、ミニチュアダックスフンドは、もともと狩猟犬であったため、吠え癖がつきやすい犬として知られています。

もともと気が小さい性格の犬であったりする場合は、叱りながらの訓練で委縮してしまったりすることもあるので、性格を見極めることも必要になります。

最後に、無駄吠え(色々な要因がありますが、要求吠えであることも多いでしょう)を止めたら褒めるということですが、犬が新しい行動ができるようになる度に、ご褒美をあげるようにすると、ご主人様に従ったらうれしいことがあると覚えてくれるようになります。

ご褒美には、おやつをあげること以外にも、言葉をかけてあげたり、おもちゃを与えたり、撫でたり、遊んであげたりする方法があります。

慣れてきたら、おやつの量を減らしたり、褒める時間を減らして、メリハリをつけるようにしてください。

叱り続けるしつけよりも、褒めてやる気を出してあげるしつけ(時には体?も必要になることもありますが、虐待とは違うものです)の方が効果があるので、できるだけ褒めるしつけを実践するようにしましょう







無駄吠え
posted by 犬のしつけ at 18:35| 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。